いつでもお参りできる。納骨堂での新しい弔い方

納骨堂の長所・短所

black car

納骨堂の利便性に惹かれ遺骨の安置をする人は増えつつあります。納骨堂を知っていく中で掃除がいらないなどの長所と反対に出てくる短所どちらも確認し、遺骨の安置をするかどうか考えていきましょう。

altar flowers

納骨堂ってなに?

dog sitting docent

納骨堂とは亡くなった方の遺骨が入っている骨壷を安置する場所です。または納骨殿、霊堂とも呼ばれております。一般的に骨壷はお墓の中に安置され、お盆や命日などにお墓を掃除して花を献花し、墓の中で安置されているご先祖様の住みかを綺麗にします。しかし墓地がある場所から離れて住んでいたり、お墓参りに行く人達が高齢化し、墓地まで行くのが大変になり遠ざかってしまう人もいるのではないのでしょうか。
また昔からあるお墓が傷んできて掃除じゃどうにも出来なくなってきたら新しいお墓に納骨を移すとなるとお墓の立て直す費用や手続きが大変です。そして日中にお墓参りに行かなければならないため時間も限られてしまいます。けれど納骨堂であったら大変だったお墓参りの問題を解消できます。
以前の納骨堂はお墓を建てる土地が見つかるまでの間や、建てている期間など一時的に骨壷を預かって解決するまで安置しておく場所でありました。ですが近年では一時的ではなく、恒久的に遺骨を納骨堂に安置する傾向も増えつつあります。また首都圏を中心に納骨堂が増えてきつつあり、外ではなく、屋根がある所でお参りが出来ます。
かつては納骨堂で安置する時はロッカーのような空間に遺骨が安置されており、何もない空間に安置して寂しく見える事などがありました。近年の納骨堂では遺骨を安置する場所も日々改善され、様々な形式で遺骨を無機質に安置しないように工夫を凝らしています。

納骨堂にかかる費用

many candles

納骨堂の長所と短所を理解したら次に気になるのはお金です。どれくらいの費用がかかって何にお金が発生するのか、あるいはどれくらい抑えられるかをお墓を建てる事と比較していきまがら理解を深めましょう。

終のすみかの形

car carrying the coffin

納骨を行う際にはどこが遺骨を管理するのか、どういう風に遺骨を保管していくのかと気になります。近年、納骨堂に遺骨を納める方が増えつつあり、その方たちの需要に合わせ様々な種類の納骨堂が登場しております。